私たちのこだわり

A.do hairグループは、お客様の髪と肌を全力で守ります!

近年私たちの生活を取り巻く環境がどんどん悪くなる中で、年々日本人の髪やお肌の「素材美」がなくなってくると共に、アレルギー等で髪やお肌といった素材自体に悩まれる方が多くなってきているのが現状です。中でもホームケアアイテムで素材をケアするどころか、ご自身の髪やお肌に合っていないケアアイテムを使用し、反対に素材を壊してしまっている方が多いのも問題点の1つです。

A.dohairグループではカット・カラー・パーマ、トリートメントやスパは勿論ですが、お客様の素材を作る【お家のケア=ホームケア】を重要視しております。私たちはお客様の髪やお肌のカウンセリングを大切にし、お客様に合ったケアアイテムをオススメしております。

もちろんオススメするケアアイテムにもこだわりがあり、代表の樋口克比古が創業当時より掲げる 『お客様の身体や髪に少しでも刺激・影響の少ないものを提供したい』 という想いと全く同じ考えを持ったメーカー【アジュバンコスメジャパン】をグループ全体で使用しオススメさせて頂いております。

アジュバンの商品は、ドラッグストアなどの店頭では販売していない為、ご存知の方は少ないかもしれません。しかし、それは『価値あるものを、正しく提供したい』というアジュバンが掲げる信念のもと、美容室やエステティックサロンのプロフェッショナルが、正しいカウンセリングをした上で初めて商品を提供しているからです。

アジュバン公式ベーシックセミナー修了者

アジュバンのベーシックセミナーを受講し、ディプロマを取得したスタッフが各店舗に在籍しております。

ベーシックセミナー取得者
A.do hair小新店:庭野真樹 / 滝澤綾美
A.do hair女池店:眞野 咲子 / 伊丹 沙織
美容室 椿家:高山陽一 / 長谷川江里奈

お客様の状態に合った商品をご提供いたします。

また、アジュバンの商品は普通肌の方はもちろん、敏感肌や化粧品かぶれのしやすい方でも使用できる低刺激性の為、多くの方から喜ばれている化粧品ブランドです。この世の中に良い商品はたくさん存在しますが、『自分の髪や肌に本当に必要な商品』が何なのか?それが分からない方でも、安心して自分のケア方法・ケアアイテムを提案できる美容室をA.dohairグループは目指しております。

ADJUVANT

アジュバン化粧品について

アジュバン化粧品とは?

アジュバン化粧品は、合成香料不使用・無着色・ノンオイル・ノンアルコールで、お肌の弱い方でも使える自然派化粧品です。徹底された安全性基準を設けてつくられ、糖質・電解質・ミネラルなどで構成されています。旧表示指定成分を全く使用しないのもアジュバンの特徴の一つです。アレルギーを起こす方が異常なぐらい増える現代において、通常肌の方はもちろん、敏感肌・化粧品かぶれのしやすい方でも使用できる低刺激性であることから、多くの方から大変喜ばれている化粧品ブランドです

アジュバン化粧品の特徴

◆ お肌と同じ『弱酸性の化粧品』です。
◆ 刺激の強い石油系界面活性剤は使用しておりません (皮膚トラブル原因の排除)。
◆ お肌に必要な常在菌を活かすため、殺菌剤は使用しておりません。
◆ アレルギーを起こすおそれのある『旧表示指定成分(香料・パラベン等)』は使用しておりません。
◆ アルコールは乾燥・小ジワの原因になりやすいので使用しておりません。
◆ 酸化しやすい油分は使用しておりません。
◆ 単糖類とミネラル(電解質)をベースとしています。
◆ 肌の刺激になりやすい水道水中の塩素の害を和らげます。

厚生労働省『旧表示指定成分』とは・・・?

平成13年以前、身体や皮膚にトラブルや影響を与える可能性のある成分(103種類)を化粧品に使用した場合、薬事法ではその表示を義務付けておりました。ですので、パッケージに『何かが表示』されていれば、その表示されているものが『身体や皮膚に何らかの影響がある』と、当時までは分かったのです。

ところが平成13年以降、使用できる原料がそれまでの2,900種類から約9,000種類に増えたあげく(つまりそれまで『使ってはいけなかった原料』が、約6,100種類も認可されたということ)、全成分表示になったため、「どれが身体に影響があって」「どれが影響無いのか?」、全く分からなくなってしまいました…。

この『以前は使用してはいけなかった成分』が、入っていることを公表すれば販売可能となったことで、万一肌トラブルが起きた場合でも「知っていて買ったあなたが悪い」と責任逃れができるように『規制緩和がされてしまった』と言っても過言ではないのでしょうか?

この『旧表示指定成分』には、合成界面活性剤・殺菌剤・防腐剤・色素・香料などがあり、高度の有害毒性が認められることから肌にとっては不要なものです。アジュバンではお客様の身体や肌への負担を考え、旧表示指定成分を始めとした人体に有害なものは一切無添加としております。

なぜノンアルコールがいいの?

注射をするときアルコール消毒をしますよね?その時お肌がスーッと冷えた感じになることを皆さんはご存知かと思います。これはアルコールが気化するときに熱も同時に奪うからなのですが、アルコールはこの時、お肌の水分も奪っていきます。

つまりアルコールが入っている化粧品は、お肌内部の水分を奪ってしまうので、アルコール入りの化粧品を使用していると慢性的にインナードライ・乾燥肌になっていくということです。お肌が乾燥するとシワの原因にもなります。

アジュバン化粧品では、もちろんアルコールは使用しておりません。

なぜノンオイルがいいの?

油分はしっとり、ツルツルした良い感触ですので、ほとんどの化粧品で使用されています。 しかしオイルは非常に酸化しやすい物質で、老化やクスミ(油やけ)などの原因になりやすいのです。

オイルは外部から与えなくても、必要な分量は皮膚から分泌されます。むしろ外部から油分を皮膚に与えることで、お肌が持つ本来の皮脂コントロールが出来なくなり、かえってお肌の老化を招いてしまします。皮脂腺の働きを整えるためにも、お肌にはノンオイルの化粧品をつけましょう。

単糖類・電解質・アミノ酸とは?

アジュバンの化粧品では、油分やアルコール・その他一般化粧品に使用されている指定成分は使用せず、 数種類の単糖類と電解質、アミノ酸で保湿をおこないます。 単糖類とは少し耳慣れない言葉ですが、糖類の一種で非常に“低分子”で肌や身体の細胞が喜ぶ糖類です。病院での点滴に含まれる“ブドウ糖”や“果糖”などはこの種の糖に含まれます。

点滴をする時とは?『人間の身体に素早く栄養成分を入れないといけない時』です。つまり、ブドウ糖液や果糖液、電解質液というのは、いわゆる『細胞のごはん』なのです。 ですので、アジュバン化粧品を使用すると生体内の水分バランスが整い、お肌はとても喜ぶのです