2018/04/12

エイジングケア

こんにちは☆美容室椿家の副店長、長谷川です^ ^
今日はお家で簡単に出来る髪のエイジングケアについてお話します☆なぜ髪がダメージするのかのお話もさせて下さい。

まず一つ目は摩擦によるダメージです。

                                          ブログ画像

ブラッシング、ブロー、シャンプー、トリートメントの仕方が悪いと髪が擦れキューティクルがボロボロになってしまいます
摩擦をとことん抑えるにはブラッシングは毛先をとかしてから、根元をとかすという順でお願いします。
シャンプーはしっかりと泡立ててから髪にのせましょう。
トリートメントは揉み込むように。タオルドライは抑えるようにです☆髪は丁寧に扱ってあげましょう^^

                           そして二つ目のダメージの原因は日光です。

ブログ画像

UVケア成分入りのシャンプー、スタイリングこ剤を使いましょう
外出時は日傘や帽子、UVカットスプレーなどで日差しを避ける事が重要です☆紫外線による過乾燥によるパサつき、紫外線による色素の光分解での褪色をしないように気をつけましょう!

三つ目は間違ったホームケアによるダメージです。

ブログ画像

 

洗浄成分の強すぎるシャンプーを使うとキューティクルが傷つき、髪内部の成分が流出してしまいます。
また、コーティング作用の強すぎるトリートメントを使うと
せっかくの補修成分が入りにくくなることもあります。
そして、一回のシャンプーで残留した汚れの残ったまま
洗っても、頭皮の環境は悪化してしまうだけなので
必ず予洗いをしてホコリや皮脂汚れを落とし、一度流してから
本洗いで頭皮をしっかり洗い上げる事が大切です☆

                          そして四つ目は熱によるダメージです。

ブログ画像

髪のタンパク質変性という言葉を聞いたことがありますか?
生卵に熱を加えると固まるのと一緒で、髪も熱を加えると
硬化してダメージにつながります。なるべく適切なアイテムで髪に負担のない使い方をしましょう。例えば、ドライヤーなら地肌に近づけすぎない、同じ箇所に長時間当て続けない。
温度が高いものより、風量の多いドライヤーが良いです☆
アイロンなら低めの温度で毛先からまかない。などです!
ちょっとした一工夫で髪はみるみるうちにキレイになります☆
まだ若いから大丈夫、もう遅いなどと言わず、エイジングケアは必要だと感じた瞬間からスタートしましょう。
皆様の髪が綺麗になる事は私達、美容師にとってとても幸せな事です☆ぜひ、出来る事からお試し下さい^ ^

                                                   長谷川 江里奈

現在産休・育休中の、副店長:長谷川江里奈と申します【平成31年4月21日より復帰予定】。一人一人のお客様に合った施術を、丁寧に心を込めてさせていただきます。美容のお仕事が大好きで、皆様の笑顔を見るととても幸せな気持ちになります♡どうぞよろしくお願いいたします☆